NEWS

サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)のメリット

1 様々なキーワードのランキングが確認できる。

例えば『SEO対策』サービスを提供する会社の場合、狙っていなかった(測定していなかった)『SEO対策 成果報酬』というキーワードで14位に掲載されていた。
『SEO対策 実力』というキーワードで3位に掲載されていた。
このような、未知のキーワードのランキングを知ることができます。
このキーワード情報を基に、関連ページを前面に配置することで依頼が増える可能性があります。

※サーチコンソールの左メニュー『検索トラフィック』タブに『検索クエリ』という項目がありますので、確認してみてください。

2 ホームページの問題点を知ることができる。

タイトルやディスクリプションの重複など基本的なサイトの問題点を指摘してもらえます。
指摘にそって修正することで集客の幅が広がる可能性がありますね。

※サーチコンソールの左メニュー『検索のデザイン』タブに『HTMLの改善』という項目がありますので、そこで確認してみてください。

3 被リンクのチェックできる!

・リンク元のリスト
・被リンク先のリスト
・リンクのアンカーテキスト
このようなデータを詳しく見ることができます。

※サーチコンソールの左メニュー『検索トラフィック』タブに『サイトへのリンク』という項目がありますので、そこで確認してみてください。

4 Google botへクロールの申請ができる!

ホームページを新規に制作した
ホームページを追加した
ホームページを修正した
そのようなときに、クローラーを呼び検索結果への反映を早めることができます。

※サーチコンソールの左メニュー『クロール』タブに『Fetch as Google』という項目がありますので、そこで申請してみてください。

5 Googleからのメッセージが受信できる!

・順位ペナルティが発動された時
・サーバー会社が海外からのアクセスを遮断した時
・ホームページをハッキングされた時
このような問題が発生した時にメッセージを受け取れます。

最後に

今回サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)のメリット5つを紹介いたしました。
設定は難しくありませんので、是非チャレンジしてみてください。

ご質問などお気軽にお問い合わせください。

電話03-5936-8860

PAGE TOP